忍者ブログ
クラウドゲートのゲーム用。 ただし、更新頻度は非常に低い。
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



あとで書き直す気満々やけどな~ちと掌編小説おいとくで


絵師:水凪 はるか様

OMCで発注・作成されたものです。
全権利はクラウドゲート、作品の原著作権は作成した絵師様、使用権は発注者にあります。
無断転載等はおやめください




空が暮れ始め、黄昏時が降りくる時間、屋根に降り立つ影二つ。
「おうおうおうおう、雑魚どもが粋がってまぁまぁ」
にやりと笑を浮かべ楽しげに曰う短髪の男が一人。
「全く、少しはこちらに遠慮というものをですね…って口調戻ってますよ、口調、統理」
ふわりとその横に降り立ち乱れをなおす長髪の男が一人。
「あぁ?!いいじゃねぇかどうせてめぇしかいやがらねぇし。だけどよ、てめぇも戻ってんぜ、顔、棘」
乱暴な口調で心底楽しそうに統理と呼ばれた男が気がつけと言わんばかりに自分の頬を叩く。
「その名を呼びますか、って、否定はできませんねぇなんせ久々ですし」
「だよなぁ、ここまででかくて馬鹿げてんのは」
にやりとふたりは微笑みを交わす
「さて、どうしましょうか?」
懐から取り出した扇子を口元に、棘と呼ばれた男が見つめる視線の先には嘗ての仲間達。
「不甲斐ないにも程がありますねぇ」
浮かべた笑みは嘲笑か、目には冷たい色が宿る。
「だな、ここまで落ちてるとは思わなかったぜ、っとにサボりまくってんな」
けっと吐き出すように統理が答え、足元の瓦を踏みしめる。
「それでは、私は右、ですかね」
「んじゃ俺は左、だな」
「では、行きましょうか」
「では、行こうか」


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
秋津
性別:
非公開
自己紹介:
AFO主要使用キャラ
・フレイア・ヴォルフ(ea6557)
・ラルフィリア・ラドリィ(eb5357)
舵天照主要使用キャラ
・静雪蒼(ia0219)
・ヘスティア・ヴォルフ(ib0161)
・尾花朔(ib1268)
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]